Loading...

ときは20XX年。

かつて古代の人類たちが新天地を求めて、
エジプトの地から世界中に広がっていったように、
地球上の人々はもはや惑星をこえて、宇宙へ足を運ぶ時代になっていた。

その根本にあった想いは、とってもシンプルだ。

「なんか面白いことないかなー」
「もっとワクワクしたいなー」

テレビやインターネット、スマホにも飽きた人類は、
新しいエンターテイメントを求めて、
宇宙旅行に出かけるようになっていたのだ。

20XX年の宇宙には多くの惑星があり、
それぞれの文化があった。

惑星CHIBAでは、ネズミが夢と魔法で多くの人々を魅了し、
惑星OSAKAでは、ナンデヤネンという呪文が皆を笑顔にさせ、
大惑星TOKYOは言うまでもなく、花の都ダイトーキョーだ。
(言葉の意味は分からないが、とにかくすごい自信だ)。

そんななか、TOKYOのほど近くにある、
誰も耳にしたことのない惑星の存在が今、大きな注目を集めていた。

それは、一冊の古文書が見つかったことがきっかけだった。

そこに書かれていたのは、日本の伝説の義賊・石川五右衛門の物語。
その一節に、五右衛門が処刑される前に放った言葉がつづられている。

おれの財宝か?
欲しけりゃくれてやるぜ…
探してみろ。
この世の全てを、なんちゃって東京に置いてきた。

ちょっと待て、なんちゃって東京?どこだ、それ?
というか、これ…どこかで聞いたような話だ。

まぁいい、G(五右衛門)の意志を継ぐもの。
宇宙の冒険者たちは、なんちゃって東京を目指して、
大いなる航路を旅するのであった。

そうして冒険者たちがたどり着いたのが、
惑星YASHIOだった。
というか、ここTOKYO?SAITA…いやちがう!

ここはれっきとした、なんちゃって東京である。

なんちゃって東京(YASHIO)には
かつてジャポニスム文化を彩った財宝の山々と、
膨大な数のクレーンがあった。

ん?ていうか、クレーン?なんで?
その風変わりな宝の山を見ていると、五右衛門の声が響きわたる。

「ぎょーさん、取っていきー」。

なぜ関西弁!?
そんなことはさておき、なんという太っ腹!
この、ひとつなぎの財宝を自由に持っていっていいとは!
能力者でもないのに!

ただ、やはりそこは石川五右衛門。
ただでは終わらない。

どうやらクレーンで宝物をすくいあげ、穴に向かって運び、
それに成功した者だけが
財宝を手に入れられる仕組みらしい。

人々はこぞってクレーンを動かし、獲物を狙いはじめた。
とんでもなくシンプルな試練なのだが、
これがなかなか難しい。
取れそうで取れない。

でも、コツさえつかめばバンバン取れる。
なぜか取り方を教えてくれる五右衛門の子孫たちもいる。

ああ、面白い…。なんだ、これ、ワクワクする…。

宇宙一のエンターテイメントが
誕生した瞬間だった。

人類が求めていたワクワクが、ここなんちゃって東京にあった。
そうだ、五右衛門は財宝を求めていたのではない。
お宝をゲットするドキドキを夢見ていたのだ。
宇宙時代になっても、人々の気持ちは変わらない。

五右衛門よ、安心してくれ。そなたの意志は今、
ここ「とってき屋」に受け継がれているぜよ(なぜか土佐弁)。

「おれは、クレーン王になる!」

子ども達の歓声が、YASHIO…いや、
なんちゃって東京の広大な空に溶けていった。